未経験から転職して高収入の正社員になる方法

未経験から転職して高収入の正社員になりやすい職種は増えています。営業、コンサルタント、システムエンジニアなどが代表的な例だと言えますが、いずれにしても、成果を出すことが求められる職種です。高収入が得られる仕事であったとしても、自分が苦手な職種に就くことは、あまり良い方法ではありません。
実績が出せない場合は、リスクが生じます。ですので、そのリスクを確認し、長期にわたって、会社が期待していることに、自分が実現可能かを見極めていく必要があります。見極めていくポイントを記載します。

歩合制やノルマの有無など、制度を確認する

いきなり成果をあげることができれば良いのですが、未経験ですので、最初は躓くことも多いでしょう。また、最初は上手くいったとしても、中長期的に実現可能かどうかも確認しておきたい点です。
よって、歩合制の制度や、ノルマのレベルを確認し、自分自身が対応できる範囲かどうかを見極めていく必要があります。

過去の実績を確認する

制度を確認しても、実際にどのような運用をしているかの確認をした方が良いでしょう。
過去の未経験者が、どのような実績を出すことができているかを確認していくと、働くイメージがわいてきます。
また、定着率や退職率を確認する方法があります。未経験者がどのくらい入社していて、どのくらい定着しているのか(退職しているのか)を確認していくことも、良い方法といえます。
このように、未経験から転職をして高収入の正社員となると、やはりハードルも高くリスクも生じます。ですので、最初から高収入や正社員を目指さず、本当にやりたい仕事を探し、いったん、少し安いお給料や、契約社員で入社し、実際に実績を出すことにより、給料UPや正社員登用を目指す方法もあります。最初から正社員で入社するより、会社から過度な期待をされることがなく、精神的に気持ち良く働けるかもしれません。なお、その際は、昇給制度や正社員登用制度と、過去実績を事前に確認しておきましょう。

転職して高収入になれる職種とは?

高収入の転職は、誰もが憧れるのではないでしょうか。高収入への転職となると、正社員としてのスキルや経験がなければ、無理なのではないかと思いがちですが、狙いやすい職種もあるので、職種別に紹介します。

営業職

高収入を狙いやすい職種として、営業職があります。
営業職は、自社の商品・技術・サービスなどを、さまざまな形で多くの人に知らせ、購入するように促すことで対価を得て、会社に売上・利益をもたらします。ですので、営業職は、数字がそのまま自分に跳ね返ってきます。目標数字を設定されることがほとんどですので、給与も成績によって変わってくることが多く、好成績を上げれば高収入が得られることもあります。

専門職

 特定の分野のスペシャリストになる、専門職も高収入を狙いやすいでしょう。
例えば、弁護士、税理士、不動産鑑定士、中小企業診断士、社会保険労務士など、特定の分野のスペシャリストになることによって、高収入でありながら安定も望むことが可能になります。また、医療分野であれば、看護師、介護士、作業療法士、理学療法士などもあります。これらは、資格取得と専門スキルを身につける必要がありますので、まずは、資格取得を目指さなければなりません。
資格がなくても専門職となれる、ビジネスコンサルタント、システムエンジニア等もありますが、専門スキルを身につける必要があります。経験がない場合は、未経験者可の求人がなければ難しいでしょう。

ガテン系

 高収入を狙いやすい職種として、肉体労働の仕事も考えられます。
建築業界の大工、鳶などの職人や、配送ドライバー、警備委員など、体力が必要な職種があります。また、ハイヤー乗務員、バスの運転手、タクシー運転手などもあります。
頑張り次第で高収入を狙うことも可能ですが、肉体労働は基本給が安い、休みが不規則、拘束時間が長いなど、労働条件が厳しいこともあります。
高収入になれる職種は多くありますが、適正によって合う職種はかなり異なってきますので、しっかりとご自身の適正を見極める必要があります。

転職したときにどんな資格があれば高収入になれる?

資格といっても様々です。「年収アップしたいから」と高収入を見込んで、闇雲に資格を取得しても意味がありません。
資格取得にはそれに費やす学費、時間など合格までに投資が必要です。ですので、資格取得後にどれだけリターンがあるかを考え、自分自身の目的に合った資格を取得することが必要です。
ここでは、営業系、事務・管理部門系、企画・マーケティング系の職種を目指している方を対象に、未経験からでもとりやすく、転職の際の自己アピールのプラスアルファとなり得るものを取り上げたいと思います

日商簿記検定3級~経理職でないからこそ、目指したい!

 簿記検定の勉強をすることで、経理関連書類の読み取りや財務基本知識が身につきます。様々のビジネスシーンで活用することができます。
自社の経営状況はもちろんですが、特に営業職は営業先の企業の状況を把握することの一助になります。
まお、経理の仕事を目指すのであれば、日商簿記検定2級は必須となってくるでしょう。まずは3級を取得して、働きながら2級、1級を目指していくことがお薦めです。

情報処理活用能力検定3級~システム職でないからこそ、目指したい!

 もはや、パソコンがなければ仕事ができない時代です。
例えば、営業職、人事職も、なんらかのシステムを使って仕事をしています。そのシステムのユーザーとして操作・活用していくことができなければなりませんが、さらに、もう一歩、システムに踏み込むことができれば、人材としての市場価値はあがります。
自分自身の担当業務を進めるための資格(例、経理なら簿記)だけでなく、少し広げた分野の資格を取得していることで、面接時にプラスアルファの評価を得ることができます。また、転職後にも、実際の業務で役立ちますし、担当部署以外の知識を持っていることにより、他部署とのコミュニケーションもスムーズになり、良好な人間関係も作りやすくなってきます。

第2新卒 求人 神奈川

埼玉で未経験から正社員になる方法

正社員を目指すなら、チャンスの多い東京で

埼玉から都内への満員電車での通勤は大変ですが、都内への通勤が可能であるなら、チャンスの多い東京で働く方がお薦めです。未経験から希望する職種の正社員を目指すのであれば、ある程度のハードルがありますので、選択肢が多い方がよいでしょう。
なぜならば、正社員有効求人倍率は、東京1.23、埼玉0.67(平成28年3月 総務省統計局「労働力調査」)、正社員有効求人数も東京労働局1,735,786人、埼玉労働局337,546人(平成26年 厚生労働省 「有効求人者数」)と、求人状況だけをみても、埼玉よりも東京の方が、チャンスが多いことがわかります。
さらに、平均年収も東京580万円、埼玉465万円(平成25年 厚生労働省「賃金構造基本統計調査」となっています。
東京と埼玉は隣県ではありますが、かなりの地域格差があります。

埼玉で正社員を目指すなら

しかしながら、やはり埼玉で働きたい、家の近くでしか働けない場合もあります。
埼玉は東京都内への通勤者が多い日本一のベットタウンですので、埼玉だからこその仕事があります。
埼玉では、業界別では、倉庫物流配達、冠婚葬祭、陸運(貨物)が多いのが特徴です。職種別では、法人を対象とした(BtoB)営業職、ドライバー、デリバリー、販売、一般事務、ビルメンテナンスの求人が多いようです。
全体的に東京と比較すると、埼玉の会社規模は小さくなりますし、地域に密着した企業が多くなります。深いコミュニケーションが必要となる可能性が高くなります。ですので、労働条件や仕事内容だけでなく、社風が自分自身に合うかどうかなども含めて、正社員として長く安定的に働けるかどうか、見極めた方が良いでしょう。
一方で、コミュニケーション能力を必要とされるのであれば、未経験であっても、人物重視での採用も期待できます。埼玉での転職に限ったことではありませんが、しっかり自己PRをする履歴書や志望動機書の作成や、面接準備をしておくことをお薦めします。

高収入の正社員へ転職する方法

高収入の正社員への転職は、誰もが憧れるのではないでしょうか。一番スムーズなのは、現状のスキル・経験をもとに、さらなるステップアップを目指して行く方法です。同業界で、利益率の高い企業、大手企業などを狙っていくのが良いですが、例えば営業であれば、取り扱う商品を替えたり、BtoCからBtoBに替えたりすることも考えられます。

面接時のアピールポイント

スキル・経験をもとにステップアップを目指すのであれば、面接時には、現状のスキル・経験をしっかり説明できなければなりません。営業であれば、自分自身の売上などの数字はもちろんですが、会社全体(部全体)からみたご自身の貢献度を分かりやすく説明する必要があります。
また、転職後にどのように企業に貢献できるのかをしっかりと話が出来なければなりません。事前に志望企業のビジネスをある程度把握し、過去のご自身のどのような経験が、志望企業でどのように活きていくのか、具体的に説明ができると良いでしょう。

面接時の注意点

同業他社への転職時に、一番気をつけるべきことは、現職の会社の悪い面を話しすぎないことです。話しすぎてしまうと、信用できない人なのではないかと思われてしまいます。過去の経験をもとに話をしていくので、どうしても現職の悪い面の話が必要になる場合がありますが、その際は、それについて、自分自身はこのように改善しようとした(したが、○○の理由でできなかった)などに重点を置いて、説明をした方が良いです。

最後に

 最後に、「なぜ転職をするのか」と必ず面接で聞かれます。収入を上げたいというのは一つの大切な理由ですが、それだけでは面接をクリアするのは難しいですし、転職したとしても、企業側の思惑とご自身の思惑との間に相違が生じ、ミスマッチを引き起こすことになります。
転職する際は、収入だけにとらわれず、志望企業のビジネスに共感できるか、社風が合っているか、また、自分自身のキャリア形成に合っているかを軸に検討し、プラスアルファで、希望年収に合っているかを確認していくことが重要です。