未経験から転職して高収入の正社員になる方法

未経験から転職して高収入の正社員になりやすい職種は増えています。営業、コンサルタント、システムエンジニアなどが代表的な例だと言えますが、いずれにしても、成果を出すことが求められる職種です。高収入が得られる仕事であったとしても、自分が苦手な職種に就くことは、あまり良い方法ではありません。
実績が出せない場合は、リスクが生じます。ですので、そのリスクを確認し、長期にわたって、会社が期待していることに、自分が実現可能かを見極めていく必要があります。見極めていくポイントを記載します。

歩合制やノルマの有無など、制度を確認する

いきなり成果をあげることができれば良いのですが、未経験ですので、最初は躓くことも多いでしょう。また、最初は上手くいったとしても、中長期的に実現可能かどうかも確認しておきたい点です。
よって、歩合制の制度や、ノルマのレベルを確認し、自分自身が対応できる範囲かどうかを見極めていく必要があります。

過去の実績を確認する

制度を確認しても、実際にどのような運用をしているかの確認をした方が良いでしょう。
過去の未経験者が、どのような実績を出すことができているかを確認していくと、働くイメージがわいてきます。
また、定着率や退職率を確認する方法があります。未経験者がどのくらい入社していて、どのくらい定着しているのか(退職しているのか)を確認していくことも、良い方法といえます。
このように、未経験から転職をして高収入の正社員となると、やはりハードルも高くリスクも生じます。ですので、最初から高収入や正社員を目指さず、本当にやりたい仕事を探し、いったん、少し安いお給料や、契約社員で入社し、実際に実績を出すことにより、給料UPや正社員登用を目指す方法もあります。最初から正社員で入社するより、会社から過度な期待をされることがなく、精神的に気持ち良く働けるかもしれません。なお、その際は、昇給制度や正社員登用制度と、過去実績を事前に確認しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です