転職して高収入になれる職種とは?

高収入の転職は、誰もが憧れるのではないでしょうか。高収入への転職となると、正社員としてのスキルや経験がなければ、無理なのではないかと思いがちですが、狙いやすい職種もあるので、職種別に紹介します。

営業職

高収入を狙いやすい職種として、営業職があります。
営業職は、自社の商品・技術・サービスなどを、さまざまな形で多くの人に知らせ、購入するように促すことで対価を得て、会社に売上・利益をもたらします。ですので、営業職は、数字がそのまま自分に跳ね返ってきます。目標数字を設定されることがほとんどですので、給与も成績によって変わってくることが多く、好成績を上げれば高収入が得られることもあります。

専門職

 特定の分野のスペシャリストになる、専門職も高収入を狙いやすいでしょう。
例えば、弁護士、税理士、不動産鑑定士、中小企業診断士、社会保険労務士など、特定の分野のスペシャリストになることによって、高収入でありながら安定も望むことが可能になります。また、医療分野であれば、看護師、介護士、作業療法士、理学療法士などもあります。これらは、資格取得と専門スキルを身につける必要がありますので、まずは、資格取得を目指さなければなりません。
資格がなくても専門職となれる、ビジネスコンサルタント、システムエンジニア等もありますが、専門スキルを身につける必要があります。経験がない場合は、未経験者可の求人がなければ難しいでしょう。

ガテン系

 高収入を狙いやすい職種として、肉体労働の仕事も考えられます。
建築業界の大工、鳶などの職人や、配送ドライバー、警備委員など、体力が必要な職種があります。また、ハイヤー乗務員、バスの運転手、タクシー運転手などもあります。
頑張り次第で高収入を狙うことも可能ですが、肉体労働は基本給が安い、休みが不規則、拘束時間が長いなど、労働条件が厳しいこともあります。
高収入になれる職種は多くありますが、適正によって合う職種はかなり異なってきますので、しっかりとご自身の適正を見極める必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です